new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

Wrangler Rodeo Ben L/S Western Shirts

25,300円

送料についてはこちら

  • M

    ¥25,300

Wranglerより春の新作となりますウエスタンシャツが入荷となりましたのでご紹介させて頂きます。刺繍入りの素敵な一着となっておりますので、この機会にご覧下さい。 こちらのシャツは、Wranglerにとっては欠かせない人物"ロデオベン"からインスパイアを受けた一着となります。彼が残した功績を讃えるかのようにこの度Wrangler2024SSではウエスタンシャツ が発売となりました。 デニムやブラックデニムなどのパンツに合わせた時にハマるように当店でも取り扱いのあるScullyとは異なり、コットン100%で仕上げられています。シンプルでありながら、独特な刺繍がオールドウエスタンを楽しめる仕様となります。是非この機会にご検討、ご購入お待ちしております。 ■素材 コットン100% ■カラー Embroidered Grey ■サイズ M 身幅57cm 肩幅49cm 着丈81cm 袖丈55.5cm ■ロデオベンとは 1930~1940年代ハリウッドの西部劇衣装デザイナーとして活躍した人物で、WRANGLERを語る上でもっとも重要な人物。BLUE BELL社はこのデザイナーを起用し、1947年にロデオベンの息が掛かった記念すべきWRANGLER 1stモデル「11MW」をリリースする。その後、ロデオベンが関わったと思われる11MJ、27MWをリリースするが、実際どこからどこまで関わっているのかは不明であり、細かく書かれた資料はないようだ。 1950年には、当時全米の子供達を虜にしたテレビ番組「ホパロング・キャシディ」の衣装デザインを担当することになり、BLUE BELL社からボーイズ・ブランドとしてもリリースされた。サンフォライズド加工を施したブラックツイル素材によるジーンズとジャケットがリリースされ、製品は「ホッピーズ」と呼ばれた。スナップボタンやアローポケット(スマイルポケット)の考案者とも言われ衣料業界にとっても功労者である。 当時ワークブランドメーカーであったブランドが、衣装デザイナーを起用するのは異例のことで、Levi's、Leeとの差別化はここにあり、デザイナージーンズの原点とも言える。そんなロデオベンも1979年92歳にして他界。棺には彼が愛した純白のウエスタンカットスーツと一緒にお別れしたとか...。 WRANGLERの魅力を語る上で、デザイナー「ロデオベン」が絡んでることを挙げる人も少なくない。WRANGLER(BLUE BELL)に貢献した功績はあまりにも大きかった。

セール中のアイテム