new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

Indian Jewelry Bangle by Alex Sanchez

110,000円

送料についてはこちら

毎年3月の第1週にアメリカ、フェニックスで行われる"INDIAN FAIR+MARKET"にて仕入れをお願いして入荷したAlex Sanchez氏の作品をご紹介させて頂きます。毎年2回ほどこういったイベントがアメリカにて行われていますが、そのイベントでも彼は頭角を表すほどの現地アメリカでも人気アーティストとなっております。他には無いインディアンジュエリーの魅力が詰まった作品となりますので、是非この機会にご覧下さい。 以前当店では、彼の作品でペンダントやバックル、ペンダントなどを取り扱いました。今回は、初めてとなるバングルの入荷となります。彼の作品の一番の魅力であるペトログリフ(岩絵)をジュエリーに落とし込んだ作品になります。シンプルなものから様々な天然石をあしらった物まで選りすぐりの逸品となります。 本製品は、彼の代表的な作品であるペトログリフ(岩絵)をオーバレイしたバングルになります。マイグレーション、スネーク、ベア、雨の雫となっています。また、裏面にもウォーターウェーブのスタンプがデザインされています。それぞれに意味がある特別な思いが綴られたジュエリーになります。特に深い理由であるマイグレーションとは、輪廻転生という意味になります。そこにソノランゴールドターコイズがセットされた豪華なインディアンジュエリーへと仕上がっています。 高価なジュエリーであることは間違いありませんが、出会いを感じさせてくれるそんなジュエリーとなっております。詳しい制作風景や想いがYouTubeにてアップロードされています。"alex sanchez ジュエリー"と調べて頂くと出てきますので、是非ご覧下さい。 ■ Alex Sanchez アレックスサンチェス ナバホ族とズニ族のハーフ。1969年生まれ、2000年制作開始。アレックスサンチェスは壁画をモチーフにする異母兄弟、マイロンパンテワからジュエリー制作を学びました。 2005年、ナバホ族祖先の遺跡・チャコキャニオンを訪れた時、そこにあったペトログリフ(岩絵)に衝撃を受け、現在のペトログリフデザインにたどり着きました。岩絵にはすべて意味があり、壁画の古い書かれ方をそのまま表現したようなオーバーレイの作風が世界中のバイヤーから人気です。スタンプワークも得意で、「常に新しいデザインを追求するのがジュエリー制作の魅力」と語っています。 ■ソノランゴールド メキシコ・ソノラのカンピトス山にある銅山・ソノラン鉱山から発掘されるターコイズ。カンピトスターコイズとも。数百年前からターコイズが掘られ先住民の交易に使われていた、歴史の古い鉱山。1980年ごろからターコイズは銅山の副産物となり、採掘されたり廃棄されたりを繰り返していましたが、近年鮮やかなグリーンのターコイズに注目が集まり、ソノランゴールドターコイズと呼ばれ人気が高まりました。イエローグリーンから深緑・ブルーまで様々な色のターコイズがとれ、ひと粒の石に様々なグラデーションやマトリックスが入る豊かな表情が魅力。 ■素材 シルバー925 ソノランゴールド ■サイズ A.幅 :約12mm B.内周:約132mm C.内幅:約55mm D.開口部:約24mm

セール中のアイテム