RED WING 9" LOGGER BOOTS 9211 size 9 D(ベージュ)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

RED WING 9" LOGGER BOOTS 9211 size 9 D(ベージュ)

残り1点

¥50,820 税込

送料についてはこちら

アメリカのワークブーツが、それを履くワーカーの職種に応じたデザインを取り入れ始めたのが1930年代。この時代にワークブーツのデザインが、ラインマンやエンジニア、ロガーなどといった職種の名前で呼ばれるようになりました。 湾曲した側面を持つ特徴的なヒールが9インチ程度の丈のレースアップブーツに組み合わされ、ロガーブーツと呼ばれるようになったのもその頃です。その時代のレッド・ウィングのカタログにもそうした初期のロガーが登場します。 当時のロガーブーツが細部を進化させつつ変化し、1970年に登場したスチールトゥのロガーブーツ#2218は、90年代に日本にも紹介され定番品となり、現在の#9210となって続いています。 この定番ロガーブーツのバリエーションとして、90年代に日本企画で生まれたのが、ラフアウトレザーのロガーブーツ#8218でした。このブーツは、90年代後半に製造中止となりましたが、お客様の要望に応える形で2009年に再登場しました。品番は#8211に変更され、レザーの毛足は、その長さのバラツキを防ぐため短くされていました。この#8211はその数年後に終売となります。 アメリカではロガーブーツのレザーは常にブラック。ロガーブーツの基本色がブラックなのです。ラフアウトレザーとロガーブーツの組み合わせは、いわば定石外しの楽しさ。誰もが好むものではありませんが、常に一部のお客様に強くアピールするものらしく、終売の後しばらくすると、多くのお客様からの再製造を望む声をいただくようになります。 今シーズンの再製造においては、自社タンナーでブルハイドからつくった、毛足の長いラフアウトレザー「タン・ブルハイド」を使い、90年代のレッド・ウィングのラフアウトレザーの雰囲気に近づけました。このレザーの長い毛足と、自然な毛並みのムラ感が、ロガーブーツのワイルドでタフなイメージを引き立てます。